iPhoneXを利用した現代人ならでは情報収集術

誰でも簡単に、インターネットを活用して、情報を発信できる、現在ですが、非常に多くの情報が、インターネット上にはあるので、自分が必要としている情報を、上手に集めることが、非常に難しくなってきています。私たちが生活する中で、必要な情報は、それほど多くありませんが、インターネット上にある多くの情報に触れることによって、集中力なども散漫になり、本当に必要な情報に触れられない場合もあるようです。


そこで毎日利用している、iPhoneXを上手に活用することによって、自分に必要な情報だけを振り分けて、毎日の生活に役立てていけると良いのではないでしょうか。



iPhoneXで情報収集を行う場合は、情報収集に特化した、アプリを使用して、上手に集めることが大切です。

情報収集アプリとしては、SNS系のアプリもありますが、必要な情報まで流れてくるので、情報収集に使うことは、なかなか難しいのではないでしょうか。

そこでRSSリーダーを使用して、自分が興味がある情報だけど、効率よく集められると良いのではないでしょうか。自分にとって良い情報が発信されているブログなどは、毎日頻繁に更新をチェックしていては、効率があまり良くないと言えるでしょう。

そこでiPhoneXにRSSリーダーのアプリをインストールして、更新のチェックを一度に行うことが出来るようにすると、非常に便利です。

多くのブログなどを観覧している方は特に、このような情報収集術を身につけると良いのではないでしょうか。

iPhoneXは世代を重ねるごとに画面サイズや解像度を高めて来ています。

iPhoneX6Plusではついに5.5インチの液晶を使うようになっており、フルHDを利用しやすくなりました。


iPhoneXのハードウエアが更新される際に気になるのがアプリの互換性です。



アップルはIOSのバージョンアップを古い世代でも対応しています。



IOS9では5年も前になるiPhoneX4Sも対応させるなどユーザーからの評価も高くなっています。


しかし、4Sと6Plusの解像度の差はとても大きく、Androidであればアプリ側の対応がとても難しいと言われる部類の話です。そこでアップルでは解像度が上がったモデルについては下位互換をしっかりするために互換モードと呼ばれる画面サイズを持ち、アプリ開発者が困らないように対応しています。

6Plusでは互換モードを2つ持っています。


1つは5,5S用の320x568です。もう1つは6との互換用の375x667です。
4S以前の320x480については5との互換モードで対応可能です。

アップルでは端末の数が増えてもアプリ開発者に対応を難しくしない方針ととっています。

ハードウエアとソフトウエア双方をまとめて開発できるアップルならではの対応方法です。対してAndroidでは互換モードを持つ端末は少なく、アプリ開発者の意向に反して表示されてしまうアプリが多数であり、アプリによっては利用できない場合も多いようです。