iPhoneXが固まってしまったときの対処法

iPhoneXは、電池を取り外したりすることができないため、電池を取り外して強制終了をさせるといったやり方をすることができません。

そのため、iPhoneXが固まって動かなくなってしまった場合の対処法があります。
まず、スリープボタンとホームボタンを同時に長押しする方法があります。

次に、スリープボタンが陥没してしまった場合には、ホーム画面から設定、一般、アクセシビティの順番に押したあと、AssistiveTouchをオンにすると出てくる白い丸をタップし、デスババイスから画面をロックを長押しすることで強制終了することができます。


iPhoneXの画面が完全にフリーズしてしまった場合、全くボタンが利かない状態になってしまった場合に、その二つの方法でも強制終了することができないという状態になってしまう場合がたまにあります。

そういったときには、とにかく放置することで解決することができます。
放置をすれば、そのうち電池がなくなり、勝手に電源が切れます。
電源が切れた状態から、再び充電をしてから電源を入れて試してみると治る可能性があります。何度も試してみた結果、強制終了をして再起動をすることを繰り返し試してみる、もしくはお近くのAppleStoreで相談してみるのが最終手段となります。

AppleStoreはインターネットで検索をするなどをすれば調べることができます。

最終的には、修理が必要となることもあります。


iPhoneXは動画サイトを観ることができますが、サファリからの閲覧では一部制限が入る場合があります。


日本で有名な動画サイトといえばYoutubeとニコニコ動画ですが、両者ともiPhoneXを含めたスマートフォン対応が進んでいます。

そのため、ほとんどの場合サファリからもPCと同様に動画が見られるのですが、一部フラッシュ動画がHTML5化されていない場合に見られないことがあるようです。

そのため、両動画サイトとも専用のアプリを用意しています。

専用アプリではサファリで見られなかった動画も見られる場合が多く、また画質も上がっていることが多いようです。

iPhoneXで動画サイトを観る際気になるのがパケット量です。


LTEや3Gなどで接続している場合は動画を見ると一気に通信量が増えてしまいます。

WIFIを利用していない場合には月間制限にすぐに抵触してしまうでしょう。

そのため、動画サイトのみならずネット上の動画を見る際には動画の転送量に注目することが必要です。
Youtubeの場合はきれいな動画から何段階か画質を落とす設定があります。

画質を落とせば転送量が減ります。ただし、ニコニコ動画の場合は転送量が変更できないことが多いので注意が必要です。

iphoneXも故障時には落ち着いて対処しましょう。

1つの動画は数十MBにもなることが多く、通信キャリアが設けていることが多い7GBの制限はすぐにきてしまいます。
ちなみに7GBは7000MBなので50MBの動画なら140は見られる計算ですが、1日の制限もあるので注意が必要ですスマートフォンの普及率が毎年あがっていますが、いまだにガラケーを使っている人も少なくありません。ガラケーにはガラケーの良さがありますが、そんな中にも「そろそろスマートフォンにしようか」と考えている人も多いはずです。

しかし、色んな種類があり、どれにしたらよいのか悩む程にスマートフォンは発売されています。

日本では人気のiPhoneXもなんとなくではなく、その性能や、iPhoneXを選ぶメリットを理解して購入することで更に便利に使うことが出来ます。



まず、iPhoneXと対峙して人気のスマートフォンはAndroidです。
基本的にAndroidというOSは無料で利用することが出来るため、各メーカーも自由に改良して各本体に搭載しています。
しかし、その反面デメリットがあります。
Androidのスマートフォンはウイルス対策を自分でしなければなりません。
逆にiPhoneXなどに搭載されているIOSは他のメーカーは利用することが出来ません。

Apple社の製品にのみ搭載されたもので、定期的にバージョンアップが行われ、そのたびにウイルス対策もバージョンアップされます。


そういった面ではiOSは初めてスマートフォンを購入する人にとっては非常にありがたい存在と言えます。
個人情報が重要視されている日本で、インターネットを全く知識の無い状態で利用するのは非常に危険です。

初めてのスマートフォンの購入。

特にこだわりがなく、便利に快適に、安心に利用したいと思っているならiPhoneXがお薦めです。


スマートフォンであるiPhoneXは、多くの人々が所有し、様々な使い方を行っています。



iPhoneXには、色々なモデルが販売されており、SIMフリーであるかどうか、ストレージの容量の違いなどによって分類されています。


ユーザーがiPhoneXを使う上でどのような使い方をするかによって、購入するべきモデルが変わってきます。

SIMフリーモデルと大手キャリアで販売されているモデルの最も大きな違いは、SIMロックされているかどうかという事です。
海外のキャリアのSIMを使う機会がある場合には、SIMフリーモデルを購入した方が重宝します。安く購入したい場合やキャリアの分割支払いなどを活用して購入したい場合には、大手キャリアのモデルを選択するのが良いです。

ストレージによってもモデルに違いがありますが、データを端末に保存する機会が多いのであれば、ストレージ容量が多いモデルを購入した方が良いでしょう。

ストレージは、最大128GBの物がありますので、かなりの数の音楽データや動画データを保存しておく事が出来ます。

高速な回線を使えるiPhoneXでは、モバイル回線の選択肢として、キャリアのSIMとMVNOが提供している格安SIMがあります。格安SIMは、大手キャリアから回線を借りて、プロバイダなどが消費者に格安で回線プランを提供しているサービスです。基本的な性能は、キャリアで提供されている回線プランと同じですが、サポートが最小限度の物しか無い代わりに、月額料金が大幅に安い事が利用するメリットとなっています。