液晶サイズで観るiPhoneX

iPhoneXはソフトバンクがiPhoneX3Gを販売してから毎年のようにバージョンアップを重ね、日本ではついにAUやNTTドコモなどの主要な通信キャリアが販売しています。

iPhoneXは日本のスマートフォン販売数の半数以上を占めているという報道もあるほど売れていますが、毎年バージョンが上がることもあり、中古市場で販売される台数もとても多いようです。

しかも、iPhoneXは多少古くても最新OSが動く場合が多いことから中古を買い換えていくという方も少なくありません。

iPhoneXは大きさが変わっていますが特に液晶サイズが変わってきています。

3Gや4Sまでは3.5インチの液晶でしたが、5で4インチ、6で4.7インチ、6Plusでは5.5インチの大型液晶となりました。

解像度もそれに合わせて拡大されてきていますが、アプリについては下位の機種でも動くように作られることが多く、OSのバージョンが合えば問題なく利用できることが多いです。



そのため、中古で買う際も液晶のサイズで選ぶ方も多いようです。
6からはHD動画が見られるようになったのですが、本体サイズも大きくなったこともあり、また、まだまだ価格も高いので5や5S、5Cが人気となっています。

ただし、6Plusを選んでも下位の液晶サイズを擬似的に表示するモードが用意されているのでアプリの動作は全く問題ありません。中古、新品どちらを選ぶにしても液晶サイズで考慮すると良いようですスマートフォンであるiPhoneXは、パソコンなどと同じようにコンピューターですので、システムの最適化を図る事が可能です。

iPhoneXのメインメモリは、パソコンと比較しますと容量が少ないですので、複数のアプリを動作させているとメモリの容量が直ぐにいっぱいになって、アプリの動作が止まってしまったり、落ちてしまったりします。



このような事を防ぐには、メモリクリーナーのようなメモリを適時解放するアプリの導入が有効です。

また、iPhoneXは、内蔵ストレージにデータやアプリを保存する仕組みになっていますので、内蔵ストレージの残量が少なくなりやすく、その為に、アプリの起動などが出来なくなってしまいます。



各アプリには、アプリで使っているキャッシュを開放する仕組みが導入されている場合がありますので、この機能を使ったり、OSでもキャッシュを開放する機能がありますので利用すると便利です。不用なアプリは定期的にアンインストールした方が良いです。


ゲームアプリなどは容量が大きいですので、遊ばなくなった場合に削除を行えば、内蔵ストレージの容量を大幅に確保する事が出来ます。
iPhoneXの最適化によって、システムを常にクリーンな状態に維持する事ができ、アプリの起動や動作を快適にする事が可能です。


新しいバージョンのOSやアップデータを導入しますと、各機能が最適化されますので、各機能の能力を最大限に引き出す事が出来ます。