日弁連による交通事故の法律相談

普通の暮らしをしていても遭いやすい法律上のトラブルとして代表的なものに、交通事故にともなう損害賠償にかかわるものがあります。

自損事故のような特殊な場合を除き、交通事故には相手があるものですので、お互いの行動にどれだけ事故に遭うだけの過失があったかという過失割合の問題や、事故にともなうケガの治療費、通院にかかる交通費、仕事を休んだ際の休業補償など、被害を金銭的な価値に見積もる上での尺度の妥当性など、トラブルの種は尽きないものといえます。

こうしたトラブルを解決するにあたっては、法律的な知識がないと対応が困難であるため、法律の専門家である弁護士、それも交通事故の問題に詳しい弁護士への法律相談で具体的なアドバイスを得ることが求められます。全国に所在する弁護士会が集まってつくられた日本弁護士連合会では、こうした交通事故に関連する法律上のトラブルを処理するため、日弁連交通事故相談センターを法人化し、各地方ごとに法律相談所を開設しています。

これらの相談所には専門分野にくわしい弁護士が待機しており、直接面会して相談ができるほか、全国共通ダイヤルもありますので、受付時間内であれば電話による相談もできるようになっています。直接面会・電話の区別なく、この法律相談における相談料は無料となっていますので、金銭的な面をあまり気にかけずに相談ができるというのも、この交通事故相談センターのシステムのすぐれたところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *