法律相談に行く際に気をつけたいこと

弁護士が行っている法律相談は、その場所が事務所であっても事務所以外の会場であっても、以下の点に気をつけ、また準備して行くようにしましょう。

まず、必ず電話などで予約を入れ、日時を決めてから行くようにしましょう。弁護士は仕事の性質上、裁判所や弁護士会など外に出かけることが多いため、急に事務所に行っても不在であることも少なくありません。また、事務所以外の法律相談会場であっても、他の相談者と被っていると長時間待たされる恐れがあります。そこで、面倒でもアポイントを取るようにしてください。次に、契約書など事件に関係する書類等はできるだけたくさん持って行くようにしましょう。

特に契約に関するトラブルについては、相談の際に手元に契約書がなければ契約内容が分からず、弁護士もアドバイスのしようがありません。その契約に関係する図面や領収書などもあれば、手元にあるだけ持って行くべきです。法律相談をする上で必要な書類かどうかは弁護士が判断しますので、自身で取捨選択をしないで、あればあるだけ持参しましょう。さらに、身分証明書と印鑑をなるべく持って行くようにしましょう。

これらは弁護士に事件を依頼する際に必要となります。平成20年3月より犯罪収益移転防止法が施行され、弁護士に事件を依頼する際には身分証明書の提示などが必要になりました。また、委任契約書や委任状の作成には印鑑が必要です。印鑑は三文判でも構いません。もし、身分証明書や印鑑がなければ、その場で弁護士に依頼することができず、一旦これらを取りに帰るか後日契約のために事務所に行かなくてはなりません。特に急いで弁護士に事件処理を頼みたい人は忘れないようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *