相続のトラブルをなくしたいなら弁護士に相談を

相続が絡むと、どれだけ仲が良かった兄弟姉妹であっても骨肉の争いをすることがあります。

しかし事前に弁護士に相談し、そうならないように手を打っておけば防げるので、生きているうちに手続きを済ませておくようにしたいですね。相続でのトラブルで一番多いのは、財産を誰に渡すか、細かく決めていないことなので、遺言書を書いていないと、相続人全員で遺産分割協議をしなければならず、そのときに遺産の取得で揉める確率が高くなります。そんなことだけは避けたいでしょうから、たとえ突然死したとしても、あとで遺族が揉めないように考えておかなければなりません。

相続問題で起こりやすいトラブルのひとつに、土地と建物の所有者が異なっているというのがあります。亡くなった人の土地の上に長男名義の家が建っていたりすると、土地と建物の名義が違っている状態になるので、売買がかなり難しくなり、遺産分割で揉めることが多くなります。配偶者や子供、兄弟間で仲が悪いと、話し合いでまとまらないので裁判まで発展することがあり、その解決に時間がかかると、相当な弁護士費用がかかってしまうでしょう。

また過去に離婚経験がある方が亡くなった場合、昔の家族が取り分を求める可能性もあるので、さらに事態が解決し辛くなります。これらの問題はすべて、生きているうちに弁護士に依頼し、きちんとした遺言書を作成していると起こらないことなので、まだ手を打っていない方は、お近くの事務所に相談に行くことから始めましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *