弁護士を利用すれば相続を放棄することができる

弁護士を利用すれば、都合の悪い相続は放棄することができます。

相続の対象となる遺産には、生前に被相続人が抱え込んだ借金も対象となることがあります。それを知らずにそのまま権利を行使し、遺産を継承してしまうとその借金までも背負い込んでしまうことになるため、まずは被相続人に借金がなかったことを確認しなくてはいけません。そして、実際に借金を確認できたときには、この借金を放棄する手段が二つ存在します。一つは、そのまま遺産を継承する権利そのものを放棄してしまうことです。

こうすることによって、借金を抱えずに済むようになります。しかし、この方法を利用すると仮に借金よりも財産の方が多かった場合に、その財産を得ることが出来なくなってしまいます。そのような場合のために、もう一つの方法として限定承認という方法を利用することもできます。限定承認は、財産と借金の割合を考慮して、財産の方が多かった場合には借金をその財産で返済し、余った財産分だけを遺族に分配することが出来る法的手段のことを言います。

限定承認をするときには弁護士を通して手続きをするとスムースに遺産を分割することが出来るため、遺産を調べて借金と財産の状況がわかったときにはすぐに相談をする事が大切になります。基本的に、相続に関してはトラブルにならないようにするためにも弁護士に相談することが大切です。疎遠になっていた親族が現れても、弁護士ならば戸籍上の状況をきちんと調べることも出来るため、安心して話し合いの仲介を任せることが出来るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *