離婚したいけれどどうしたら良いのか

配偶者が浮気をしたとか、DVがひどいという理由で離婚を考えている人もいるかもしれません。

離婚は2人が離婚届に必要事項を記入し印鑑を押して、役所に届け出れば成立します。簡単な手続なのですが配偶者から離婚について合意が得られないと大変なことになります。話し合いで解決できない時は裁判所の調停に出すことになります。自分で調停を受けることも不可能ではないですが、弁護士に依頼することをおすすめします。調停を受けるということは配偶者との話し合いが困難な状況にあるということです。

感情的になると調停がうまくいかない恐れがあります。第三者に依頼したほうが無難でしょう。また、調停が不成立に終わった時は裁判をしなければなりません。法律の知識がない人が訴状を書くのは大変です。調停の際は様々な資料を提出することになります。浮気やDVの証拠はあらかじめ確保しておきましょう。証拠がないと水掛け論に終わってしまいます。ちなみに、浮気の証拠は写真や動画が決定的です。

特にラブホテルに入っていくところや出てくるところの映像は証拠能力が高いです。自力で集めるのが難しい場合は探偵に依頼しても良いかもしれません。DVの証拠はボイスレコーダーなどを使って録音しておくと良いです。また、日記をつけるのも有効な手段です。調停が不成立のときは裁判になります。裁判では配偶者に有責事由があるかどうかが争われます。離婚を確実に成立させるためには証拠が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *