好きな人ができても悟られずに離婚の話し合いを

法律上は、結婚すると夫もしくは妻以外の人を好きになってはいけないことになっています。

肉体関係を結ばなければ道徳的な問題だけで済みますが、配偶者以外の異性と肉体関係を持てば、不貞行為になり、配偶者に対して賠償責任を負うことになります。しかし、人間の気持ちは法律で縛れるものではありません。結婚しても、好きな人ができることはあるでしょう。そして、その相手と相思相愛の仲になれば、肉体関係に発展することは自然の流れです。結婚してから配偶者以上に好きな人ができ、配偶者と離婚して再婚したいと思った時、慎重な行動をとらなければいけません。

好きな人ができたから離婚して、と言っても配偶者は簡単には応じないでしょう。むしろ意地になって拒否する可能性のほうが高いです。ただでさえ相手が拒否している状況で婚姻を解消するのは難しいにも関わらず、こちらに不貞行為という落ち度があれば、簡単に別れることはできません。法律上は、不貞行為を犯した側は有責配偶者となり、相当な期間の別居を経なければ、実質離婚できないことになっています。

結婚という形にこだわらないのであれば、別居して好きな相手と同居を始めるのが良いでしょう。しかし、新しい恋人のためにも離婚は成立させたほうが良いに決まっています。好きな人がいることは悟られずに、婚姻の解消に同意してもらえるよう、話し合いを進めるのが望ましいです。どれだけ話し合いをしても相手が同意しない時は、家を出て別居期間を稼ぐのが離婚への近道です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *