離婚は二人の合意があって成り立ちます

あんなに好きで結婚した相手でも、いざ結婚生活が始まってみると意外な面が見えることがあります。

それが、何度注意しても改善してくれなくて、自分にとってたまらなく我慢の限界になったとき、多くの人は別れようと考えるのではないでしょうか。特に現在は、そう珍しいことではありません。また、別れて新しいパートナーと巡り合い、幸せな結婚生活を送っている人もいます。人生のリセットと言う考え方です。では、どうしても、結婚生活を継続することが困難だと考えた場合、パートナーはどのように考えているかが大切になってきます。

パートナーも同様に別れることを考えているような場合は、後は大雑把に言えば、離婚するときの財産分与や子がいる場合、その子供の親権などを話し合って決めれば良いだけです。また、子供と会わせることも離婚前に決めておくことも必要でしょう。それと、女性の場合は、子供のために育児の費用の請求額も決めておいた方が良いです。

夫婦は別れますが、子供にとっては永遠に父親、母親であることには変わりありません。しかし、パートナーが別れることに応じてくれない場合はなかなか難しいです。この場合は、家庭裁判所に離婚を申し立てることになります。どうして、離婚しようと決心したのか、その理由はなぜか、結婚生活を修復する可能性はないのかなど第三者の目でいろいろと聞かれます。

裁判官の決定で、離婚するに相当である、という場合もあります。しかし、場合によっては、婚姻を継続するように勧められる可能性もあります。それまでの結婚生活を暴露されるということですので、そのことは心にしておいて下さい。
離婚の弁護士のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *