離婚をするときに問題となること

離婚をすることに問題となるのが、慰謝料、養育費、財産分与などです。

慰謝料とは損害賠償の一種ですので、配偶者の浮気や暴力で損害を被った場合にしか認められません。また、裁判になると証拠も必要になるので、浮気の証拠、DVの証拠などを集めておく必要があります。夫の暴力や浮気が原因で離婚をしたのに、慰謝料も養育費ももらっていないというシングルマザーはたくさんいます。夫に浪費癖があって、お金を払ってもらうことが期待できないといった理由ですが、夫にお金がなくても慰謝料や養育費は請求できますので、諦めずに離婚の弁護士などの力を借りましょう。夫の給料から強制的に徴収することもできます。

夫がギャンブルなどでお金を浪費してしまうくらいなら、強制徴収をして子供を育てるお金に使ったほうがはるかに建設的だと思われます。場合によっては、夫の収入が少ないので慰謝料は諦めて、養育費をもらうことに全力を注ぐという選択をとることもあります。逆に、夫の社会的地位が高く、高収入を得ている場合には、高額の慰謝料や養育費をもらうことができるでしょう。

長い間専業主婦をしていた人などは、財産分与が重要になります。専業主婦は家事や子育てなどで家庭を支えているのに、給料や年金には反映されません。そのため、離婚をするときには夫の給料の半分は妻の功績としてもらうことができます。また、年金についても年金分割という制度が利用できる場合があります。離婚をすると、夫婦は他人に戻るので、連絡がつかなくなることもあります。なるべく離婚時にすべての手続きを終わらせてしまいましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *